マスキングテープ作りました!






マスキングテープを制作しました!12人の女の子が楽しめます。

三省堂書店池袋本店で2016年4月10日〜5月9日まで先行販売されます。
また「神保町いちのいち」オンラインショップでも今後販売予定です。

個人的には、それぞれを切り取ってシールのように使おうと思っています。
マスキングテープを作ってみたいなと思っていたところに
声がかかり、願ったり叶ったりでした。
マスキングテープとしての機能を重視するなら
もっと柄のようなものの方が使いやすいのかもしれませんが
私らしさを考えてこのような絵柄にしました。
万人に受けなくともきっと誰かのこころに響くことを願って!
| お仕事 | 01:37 | comments(0) | -
鉛筆のオンライン販売始まりました
2015年11月の日記で紹介しましたオリジナル鉛筆が
「神保町いちのいち」というオンラインサイト販売されています。

今までは書店でのみ販売していましたが
これで遠方の方でも手に入れることが可能です!


※画像はオンラインストアよりお借りしています。
| お仕事 | 01:18 | comments(0) | -
2016年はじまりました


あけましておめでとうございます。2016年もよろしくお願い致します。

画像は年賀状用に描きました。
ここ数年は着物の女性を描いていましたが、
今回は冬の季節感を出してみました!

2015年は個展、グループ展を行い
装画を3冊描くことができ
人や仕事に大変恵まれた年になりました。

2016年も実りのある年になるように頑張ります!
| イラスト | 23:54 | comments(0) | -
「甘いお酒でうがい」装画
「甘いお酒でうがい」 KADOKAWA 2015年12月18日

著者:川嶋佳子(シソンヌじろう)
装丁:小口翔平 岩永香穂(tobufune



装画を担当しました。

シソンヌのじろうさんがコントで演じている川嶋佳子さんというキャラクターが
いるのですが、川嶋佳子さんとして書いた日記が本になりました。
読んでいて、自分の中学生の頃の日記を思い出して胸がきゅんとしました。
詩のような日記で、男性なのになぜこんなにも乙女心が分かるのだろうと。


夏にOPAギャラリーで「女生徒」展に参加した際、
ご挨拶をしたデザイナーさんに作品の冊子をお送りしたところ、
プレゼンに作品を入れてくれて
その絵をシソンヌじろうさん自身が選んでくれました。

デザイナーさんが選んでくれるのも嬉しいですが、
著者ご本人にも選んでもらえるのはとても嬉しいです。

人に知ってもらうことで、その先へもっと絵も想いも届けられる。
少しずつでも、もっと叶えられるように頑張ります。
| お仕事 | 01:52 | comments(0) | -
オリジナル鉛筆のお仕事

オリジナル鉛筆のお仕事のお知らせです。

三省堂書店内(西武池袋本店書籍館3階)にて、
11/25より発売しています。

「ARS LOCUS〜アーズローカス〜 三省堂書店池袋本店内
feel World 〜 feel Japan 〜 feel Tokyo 〜

20名のクリエイターによる『感じるTOKYO』プロジェクト」
というプロジェクトに参加しています。
 

私は、原宿や秋葉原など、それぞれの地域で見かけそうな
女の子をイメージしてデザインしました!

最初は「東京」というテーマにありきたりのものしか

思い浮かばなくて、迷走していましたが、
自分らしいものを作りたいと考えたら、
やっぱり女の子に行き着きました。
 

色数の縛りがあったり、曲面へのデザインに試行錯誤しましたが
なんとか完成!

もしお立ち寄りの際は、ぜひ手に取ってみてください!

※店内の写真はPR用に撮って頂いたものです。



| お仕事 | 00:41 | comments(0) | -
「女生徒」装丁展 終了しました。

折原カズヒロ+オガワミホ

太宰治「女生徒」装丁展が無事に終わりました。
連日の暑さの中、お越し頂いた方にはとても感謝しています。
ありがとうございました。

中身の本自体も折原さんがデザインし、それぞれ限定30部で販売しました。
中身は一緒ですが、デザインは7種類!


私の絵をデザインして頂いたのは、ブックデザイナーの折原カズヒロさんです。
トレッシングペーパーから、ぼんやりと透けて見える女性、
めくってみると、光沢のある紙に印刷がされています。
原画より少し青みがかった感じになり、色気が増す気がします。


女性を全面にあるデザインを想像していましたが、
この見えそうで見えない感じが、良い意味で期待を裏切ってくれました。

(写真は、友人の安藤貴代子さん撮影)


白畠かおり+あずみ虫
アリンダという透明の素材に、あずみ虫さんのブリキの作品が印刷されています。
あずみ虫さんのアンニュイな女の子がとてもキュートで会場でも大人気でした!


左:河村誠
河村さんの作品は、絵とデザイン両方です。
帯に見える部分、実は表紙と繋がっていて1枚になっています!

右:武中祐紀+山下以登
制服の紺色とリボンの赤色を意識しているそうです。
ゴールドとシルバーのインクがキラリと光っています。


原田恵都子+原田リカズ
デザイナーとしての原田恵都子さんとイラストレーターとしての原田リカズさん
名前は別ですが、1人で活動されています。
帯に見える部分は、ケースになっています!


福田和雄+瀬島志保子
見返しの部分にも絵が入っています!風になびく女の子が素敵です。


石間淳+風間勇人
風間さんの軽いタッチの絵がじわじわときます。
カバーにはクリアファイルの素材が使われています。


今まで経験してきた展示は絵がメインでしたが、今回は本が主役。
自分の絵がデザイナーによって変化する姿を見る事ができて、
とてもいい経験ができました!
ご一緒できたみなさまに感謝です。


女生徒原画
| 展示のおしらせ | 21:22 | comments(0) | -
太宰治「女生徒」装丁展に参加します。
「Re:女生徒」
太宰治「女生徒」装丁展

日時:2015年8月7日(金)〜8月12日(水)
場所:オーパギャラリー
時間:11:00〜19:00(最終日は17:00まで)

Twitter:https://twitter.com/ReJoseito
Facebook:https://www.facebook.com/pages/Re女生徒/1595796320672639


8月7日(金)より、グループ展に参加します!
イラストレーターが太宰治の「女生徒」を絵にし
それを装丁家が本にします。

自分の絵に新しい命が吹き込まれる感じ、わくわくします。



↑展示のDMです
 
| 展示のおしらせ | 01:21 | comments(0) | -
「ふたり姉妹」装画
「ふたり姉妹」 祥伝社 2015年5月14日

著者:瀧羽麻子
装丁:鈴木久美



装画を担当しました。
装丁は鈴木久美さん。
鈴木久美さんとお仕事したかったので実現できて嬉しいです。

1枚の絵の中で2人の女性を描く事は
2人の関係の事もあり、ラフの段階でかなり苦戦しましたが
とても良い経験になりました。
| お仕事 | 00:00 | comments(0) | -
「サイドストーリーズ」装画


「サイドストーリーズ」角川文庫 2015年3月25日

著者:東直己・冲方丁・貴志祐介・中山七里・狗飼恭子
中田永一・宮木あや子・垣根涼介・貫井徳郎・笹本稜平
誉田哲也・三浦しをん

編:ダ・ヴィンチ編集部
デザイン:小林正樹

装画を担当しました。
12名の作家による人気作のサイドストーリーが読めるアンソロジーです。


ジャケ買いしてもらえるようなインパクトが与えられたら本望です。
個展の直前にお話を頂きました。
こういった自分の作風で書籍の仕事をするのが目標でした。
なので第一歩!

amazon等に掲載されている絵はかなり明るく載っていますが
実際の本は上記のような結構濃い色味です。
| お仕事 | 00:00 | comments(0) | -
モルディブ旅行記(2/28〜3/6)


インド洋に浮かぶ島国モルディブ共和国へ行ってきました。
大学生の時に、ダイビングのライセンスを取ったときから
一度は行ってみたかった場所。叶いました!

泊まったのは、北マーレ環礁にあるクラブメッドのフィノール ヴィラです。
2015年2月にオープンしたばかりで新しく
18歳以上を対象としている、客室52棟だけの小さな島でとても静かでした。

初日はシンガポール航空経由で成田からシンガポールまで約7時間
シンガポールからモルディブの首都マーレまで約4時間
そこから水上ボートに乗って真っ暗な海の上を約40分
島に着いたのは現地時間夜の11時頃です。
着いて驚いたものは、桟橋にかかるソーラーパネルの光!?
あまりのハイテクな感じに度肝を抜かれました(笑)
しかも数秒ごとに色が変わっていきます。


3/1
朝、起きて一番に見た景色!!!


外観はこんな感じ。サンライズ側の水上ヴィラ。プールもついています。




午前中は散歩をして、午後はシュノーケルへ。
日本人スタッフの方がいたので、言葉にも特に困らず。
シュノーケルでは、運がいいことに亀に遭遇!
しかも海の深くにいた亀が徐々に上がってきて息継ぎの瞬間を目撃!
スタッフも初めて見たと言っていたので、とても運がいい。


夕方はプールバーで夕日が落ちていくのをずっと眺めていました。
日が沈んでも光が残っていてとてもキレイ。
時間がゆっくりと流れている。


ちなみにプールバーはこんな感じ


昼間だとこんな感じ。非現実的な風景。


3/2
午前中はダイビングへ。ボートでダイビングスポットまで行きます。
濃いブルーの水面なので深いということは一目瞭然だったけれど
ボートから飛び降りて潜った瞬間、あまりの透明度に息を飲みました。
ドロップオフの深く深く続く珊瑚礁
どこまでも潜っていけそうな気分。


戻ってランチを食べてからはスパに行って
17:00頃からサンセットクルーズへ。
イルカの群れを追っかけて、船の上でシャンパンをあけるという贅沢!




3/3
午前中はまたまたシュノーケルへ。
見渡せばさまざまな魚ばかりで、まるで水族館のよう。

午後は産まれて初めてのパラセーリングへ。
高所恐怖症なので絶対ムリと思っていましたが
風が穏やかで不思議と全然怖くありませんでした。
水平線が360度見える空、地球は丸いって実感できた!


3/4
チェックアウト(20:00)の日だったので、一日ゆっくりと過ごす。
この景色をずっと忘れないように、目に焼きつけようと。
散歩して休んで、ご飯食べて、飽きるほど写真を撮りました。
動画もいっぱい撮りました。







記録として日記みたいになりましたが、
まだまだ書ききれていないことがいっぱいあります。
ただ、だらだらとは書きたくないのでこんな感じで。
自分がこのブログをいつか開いたときに
あのときの気持ちを思い出せるように。

| 日記 | 16:17 | - | -